ナイフの手入れをどうにかできないものか。
のちに紅霧異変と呼ばれるおもてなしの折大量に使用したナイフを片付けながら考えた。
投げナイフなんて要は当たって殺せればどうでもいいのだが、
客人の前に出すものはきちんと手入れしておかねばならないのが貴族の館というものだ。
時を止めれば時間は経たないとはいえこの作業はなかなかに気乗りがしない。
後のことを考えるとついつい弾幕を張る量にも躊躇いが出てしまうというものだ。

そこで思いついたのが、数だけは要るが無能な妖精メイド達を
有効活用できるのではないかということだ。単純作業には実にうってつけだろう。
試しに手入れの仕方を教えてみると、これがなかなかに筋がいい。
あげく何処からか妖精の炉まで持ち出したりと随分本格的。
思えば伝説の武具と呼ばれるものには妖精の鍛えたものも数多くあった。
妖精も使えるものだ。私は幾許が考えを改めることにした。

そうして出来上がったナイフの素晴らしさは目を見張るものであった。
これを用いたのがかの春雪異変である。
皆様もご存知のあの異変における私の素晴らしい活躍が、私自身の有能さに拠るものなのは勿論のことながら
わずかとはいえこの素晴らしいナイフが寄与していたことは否定できない。
異変の解決後私は妖精達の仕事ぶりを褒め酒を振る舞い大いにねぎらったものだ。
それに喜んだ妖精達は、一層の尽力を約束してくれた。

その後すぐのことである。妖精の作業場に入ってみると山のようにあった筈のナイフが無い。
私に気づき顔色を変え慌てる妖精達。今更逃げだそうとするものもいる。
だが逃げられる筈が無い。この私の「世界」から。
一通り拘束し尋問すると、なにやら最高のナイフを作ろうとした苦心の結果だそうだ。
如何なるものも断つ鋭さ――厚さゼロの刃を持つナイフを。
…そのナイフなら知っている。そのナイフの名は「境界」。
もしも例え造れたとしてもそれは人には使えない。きっとあの胡散臭い妖怪しか使えない。
だからこそ、そのナイフは此処では妖精にはつくれない。
私は妖精達に愚かさの報いを躰にたっぷり教え込んだ。色々な意味で。

すると妖精達は代わりを探して来てくれると言い出した。妖精にしては殊勝な事だ。
もはやナイフの材料も底を尽き、妖精の仕事は無くなっていた。
だから私はさして期待せずその提案を受け容れた。
暫く日が経ち永く続く宴会などにそんなことも忘れた頃、
妖精達が帰還した。不思議な箱を携えて。
箱の中には色取り取りのナイフ。しかもこれが軽い。これなら大量に持ち運ぶのも苦になるまい。
見たこともない素材だ。魔法の金属なのだろうか?
箱には海賊を刺し貫く絵が描かれていた。妖精と海賊…?何処かで聞いた取り合わせだ。
そう、あの子供だけが辿り着けるというネヴァー・ネヴァー・ランド…これは彼の地の武器なのだろうか?
これなら妖怪退治にも人を刺すにもうってつけだろう。希少品だし紅魔の使いの武器としても不足あるまい。
妖精は使えるやつだ。私はすっかり考えを改めた。
丁度その時レミリア様よりの命が下る。「満月を、取り戻せ」。永夜異変の幕開けである。
さっそく新しいナイフの切れ味を見せつける機会が来たというわけだ。
私は妖精のナイフを携えると主の悪魔と共に永遠の夜へと飛び立った。

ナイフの箱には「黒ひげ危機一発」と記されていた。


























プラスティック素材でも刺さりそうな所が、十六夜クオリティ。
・・・刺さる・・・のか? ぽち(2007/02/13,02:53)
この話…本当に哀れむべきは、その黒ひげナイフにボコボコにされた月の民+α達なのだろうか…?

その後の鬼退治や魂花異変で何ブン投げてたのかが非常に気になります。…黒ひげ継続? 北方黒鍵投(2007/02/13,03:00)
一番凄いのは、この内容をこの短文に収められた事でしょうか。
プラスチックは痛いの。ぺしぺしと当たるから。 TUKI(2007/02/13,07:30)
確かに持ち運びには便利だとは思うが…、
プラのナイフで有象無象を射ち落としたのだと考えると笑うしかない。
嗚呼、自分も作業を手伝ってくれる可愛い妖精が欲しい。
自殺行為かもしれないが。 人双(2007/02/13,08:55)
感動した (2007/02/13,19:39)
おばかで一生懸命な妖精と、瀟洒なつもりでいるけどちょっと抜けてる咲夜さんがかわいいなあもう! (2007/02/13,23:17)
なるほど、これが咲夜弱体化の真相ですか。 mimimi(2007/02/14,01:22)
絵は勿論の事、その言の葉の使い方にSS書きとしても嫉妬w
上手いなぁw 床間たろひ(2007/02/14,01:46)
...something trouble...
anyway, pretty beactiful!
Miss.sakuya... anonymous(2007/02/14,04:20)
最後の一言に絶句した らとしか(2007/02/14,19:48)
<a href sdfdsgdg(2007/02/14,21:04)
急所に刺さったら相手の首がビヨーンと飛ぶのだろうか。
それにしてもこの咲夜さん、天然である。

月まで届け、ニートの生首・・・(ボソ 0005(2007/02/15,06:46)
[url dgsdzssd(2007/02/15,08:44)
やはり、Katzehさんの描く咲夜は最高ですねー。 Ezel-Ash(2007/02/15,18:17)
[url sfsdfsdfsd(2007/02/16,03:18)
[url sadasdasdas(2007/02/16,14:02)
[url dsffhgfhh(2007/02/17,15:13)
絵も素晴らしければ文章もすごい、さらにはオチにも脱帽した
ヘタレな文しか書けないヘタレSS書きにできることはあなたに賞賛の言葉を送るぐらいですよ (2007/02/20,16:38)
テラワロス! ETG(2007/02/20,17:04)

こめんと
Comment
名前Name(任意)
隠すHidden