裏の幻想郷縁起とでもいうべきものがある。
様々な妖怪達との「仕方」を記した
素敵な貴方に性的な幻想郷ライフをお届けする、
それが「幻想郷艶誼」。うわ恥ずかしい名前。誰だ考えたの。
酷い先祖を持ったものだ。って私じゃん。
…今回縁起と並んでこちらも編纂するにあたって
先代というか私が以前書いたものを見返していたのですが。
…なんだろう。おかしい。これは役目なんだ。只の仕事なんだ。
自分で書いた、何度も書いた、見飽きたものじゃないか。
それなのに声が、粘ついた音が、感触が…
柔らかな毛皮の、こそばゆい羽の、絡みつく鱗の肌触りが
鮮やかに蘇って…蘇って?声…耳を塞ぎたくなるような、でも頭の中で響く
恥ずかしい喘ぎ声、嬌声。でも聞き覚えのある……私の声?!
これは記憶…!これってまさか伝聞録じゃなくて体験談?
…なんてことしてくれたんだ私の先祖。って私じゃん。
ぅ…違う。こんな…… そうだきっとまた妖精の所為だ。
いつかも悪戯が酷いので妖精取り線香を焚いてたら
こっそり別の香に変えられて酷い目にあったことがあった。
ぁ…ぁれ?そういえばそもそも幻想郷艶誼なんて
こんな馬鹿げた本ほんとにあったっけ?
もしかしたら妖精じゃない…あの胡散臭い妖…
……だめ、あたまがぼーっとしてかんがえられない…
とりあえずこの借りは後で返してやる。妖精で。


何の因果か罰エロ絵を描くことn
阿求だそうです。人間ですね。人間のエロか…(?
阿求の9はやっぱり9作目という解釈でいいのでしょうかね?
書き換えられる歴史。これがリセットの方法だというのなら中々面白いですね。
デメリットも無いわけではないでしょうけれど。


























幻想郷艶誼読んでみたいよ!!
もし幻でないなら御阿礼の子は素晴らしい偉業を成し遂げていたんだと讃えたい! 人双(2007/01/11,23:54)
責任持ってちゃんと出してくださいねw 通りすがり(2007/01/12,00:55)
こ…これはとても素晴らしい本…! 佐倉(2007/01/12,01:08)
妖精に性欲をもてあまs 米(2007/01/12,10:59)
えっちぃ阿求たんが書けば当然、幻想卿縁起もえっちくなるわけで。
だから9冊目の幻想卿縁起は、あんなにえっちぃんですね! ぽち(2007/01/13,22:58)
私にも読ませて!!
わ、私には無理…!淡々とした文体に
やたらどろどろした絵がつく忌むべき本になるよ!あと全部アブノプレイ。
そうだ!私だと今風にならなくて一般人に読み難く
阿求の編纂に相応しく無いものになってしまいますが、
佐倉さんならぴったりですね! ( ^ω^)ニコッ
妖精いつも細めですがたまには幼児体型気味に… 主役じゃないよ!?
阿求たんはオリジナルもやっぱりえっちぃぽいですよね…! Katzeh(2007/01/13,23:39)

こめんと
Comment
名前Name(任意)
隠すHidden