冬用のを描き中です。こんなの。


ずっと何を、どう描いたらよいか解らなくなってました。
何が描きたかったのかさえも。

とある猫さんに逢いました。皆殺しな。
無礼で驕った言い口ですが、とっても同族のニオイがして。
ずっとずっと純粋で。
自分が何を愛していたのかを思い出させていただきました。

そういうわけで今回はただ想いのままに。
なんにもない本。


…複乳橙さんお詫びはいずれ…


























なんにも無いとおっしゃいますが、katzehさんの絵はいろんな思いや想像を私に与えてくれます。
そんなにご謙遜なさらずとも。
それはそうと、新刊期待してますよ。 (2005/11/11,19:57)
Katzeh先生は、普通の人にはない色んな物をお持ちだと思います。
新作絵や新刊を見るたびため息が出るほどに・・・
誰にも似てない、誰にも真似できない個性というのは素晴らしいですわ。

迷いがあるという事は向上心があるという事、
むしろそれはいい傾向です。
惰性でダラダラ創り続けるようになってしまうのが
創作者にとっては最も恐ろしい状態・・・
冬の新刊も期待してます。月並みですが頑張って。 0005(2005/11/12,10:10)
Katzehさんはスゲーです!!
僕、ずっと応援してます!!

さー! 僕も頑張ろう!
それでわKatzehさん! また来ます! Ezel-Ash(2005/11/14,21:33)
katzeh様の描く咲夜とレミリアはとても気になる (2005/11/22,21:53)
あぁ!見てはいけないものを見てしまった……
そんな気持ちになる画であることです。 STR(2005/12/01,01:23)
想像は見てくれる人の力ですよ!とか。
個性という程のものではないのです。ただちょっぴり趣味が偏ってるかもしれませんが!
どもどもですよぅ。
こんなので宜しければ見守って下さると嬉しいです。はやくよくなってね。という感じで。
こちらも草葉の陰からされこうべのように見つめておりますよ。
なんか最近咲夜について三月精で言及があったと聞きましたが
どんなのだったのだろう…。
今回の本は紅魔館の秘め事の話と言えるかもしれません。
なればそういって下さるのはたまらぬことですよぅ。 Katzeh(2005/12/10,17:27)

こめんと
Comment
名前Name(任意)
隠すHidden